スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Pとその存在理由】第16回 みゅーらさん Part 2

pikozon.jpg
内科部長(循環器)です。

引き続きみゅーらさんのPart 2です。

Part 1では叙情的な文章でプロデュースするということの『輪廻』について言及していただきましたが、はたしてPart 2ではどんなお話を聞かせていただけるのでしょうか?


アイドルマスターは所謂ギャルゲーと呼ばれるジャンルの1つでもある。拡大を進めるアイマスのフィールドであるが、他のギャルゲーと異なる点は、「意外にも女性Pが多い」点である。そして、私もそのうちの一人である。

今回はまず、「何故アイドルマスターのPには女性ファンもいるのか」という観点から論を進めていきたい。

アイドルマスターのゲームとしての特徴を挙げると(今回DSは除くものとする)、アイドル自身ではなくアイドルを育て上げるPがプレイヤーである、という点だ。主役はアイドルでありながら、プレイヤーはそれを支え、導き、育てあげる、各キャラのもっとも身近な存在、という位置づけである。従来の考えでいけば、女子人気を上げようとするならば、女子の理想となるキャラを主人公に、となるであろう。しかしアイマスはそうではない。ではなぜ女性にも人気が出たのであろうか。

サンキュータツオ氏が「アニメ会の『ヲタめし!』」でかつて以下のようなことを話していた。

――初代プリキュアが流行った時、女子に人気なのはホワイトだった。じゃあ女子用のプリキュアになれる服の売れ行きもホワイトの方が良いのかと思ったらそうではなかった。むしろブラックの方が多かった。そこで何故ブラックの服の方が人気なのかを探ったところ、「なりきるのであれば、大好きなホワイトを支えてあげられるブラックになりたい。ブラックになってホワイトのそばにいたい。」という意図が働いていたのだ――

ラジオで聞いた記憶なので、ブラックとホワイトが逆かもしれないが、要は女子には「あこがれの存在そのものになりたい」ではなく「あこがれの存在のそばにいられる人になりたい」という思考回路が有る、のである(しかも幼女の時点で)。

無論「私はそうじゃないけどな」という人も多いのであろうが、少なくとも私はそれを聞いて実に合点がいったのを覚えている。

そう。サンキュータツオ氏の論はそっくりそのままアイドルマスターの女性人気へとあてはめられるのではなかろうか。

繰り返しになるが、アイドルマスターは何人ものアイドルキャラが出てくるが、プレイヤー自身がアイドルになるわけではない。アイドルを支えるプロデューサーなのだ。この「女子そのものから目線を一段階置いた存在」があるからこそ、女性ファンが増えていったのではなかろうか、と考えている。

さて、ニコマスである。

私はどちらかというとニコマス作品よりSS・イラストの方が多い(といっても合計ですらそんな大した数はない)のであるが、その中で多くターゲットとなっているのは小鳥さんと律子である。
 
彼女たち本人に魅力があるのは大前提だが、その他で言うと、この二人は共通して、「アイドルではない面を持っている」という点がある。

小鳥さんは言うまでもなく765プロの事務員であるし、律子は2では竜宮小町のプロデューサーだ。しかも律子は無印時から事務所の運営を考えるポジションを獲得していた。

そう。この二人はプロデューサーと同じ、「女子そのものから目線を一段階置いた存在」にもなり得るのである。
 
即ち、アイドル・小鳥さんや律子・P、という多重構造を作ることができる。

アイドルを支える小鳥さんや律子、という視点や、Pを支える小鳥さん(もしくは逆)、だけでなく、アイドルを支える小鳥さんや律子を見つめるP、アイドルを支えるPを見つめる小鳥さんや律子。という構造が可能なのだ。
 
この多重構造こそに私は惹かれ、彼女らの魅力をもっと引き出したい・関係性を書いてゆきたい・そしてそれを他の人にも共感してもらえたら嬉しい。という欲求に駆られたのではないか、と考えている。

あとおっぱい。




『ネタを挟まないと死んじゃう病』はニコマスの伝統芸能なので、これはこの際おいておくとしてw

女性Pという視点から、男性には気付きにくい女性独特の嗜好と小鳥さんと律子の特異性を絡めた論説にとても説得力を感じました。

みゅーらさん自身がおっしゃるように、これを持って一般化できるとは限りませんが、個人的には非常に興味深く拝読致しました。

うん、いろんな人の話に耳を傾けると言うことは、とても楽しく有意義なことですね。

というわけで、次回はまないたねるねPです。その後は見る専のミズキシズクさんと続く予定です。

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。