スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Pとその存在理由】第3回 ぽぽんがぽんさん

内科部長(循環器)です。

人の存在理由を云々するなんてことは無粋の極みでしょう。でも、無粋とわかっていながらそれをするにはそれなりの理由があります。いつかそういうお話しもできればと思っていますが、とりあえずはいただいた素晴らしい原稿をアップすることを優先させていただければ幸いです。

さて、今回は動画制作者としてではなく、その他の『役割』でもってニコマス界で広くその名を知られている方です。

ぽぽんさんことぽぽがぽんさんです。ぽぽんさんと言えば、今では有名生主として認識されている事が多いと思います。ニコマスの大きなイベントなどでも裏方として支えてらっしゃいます。

そんなぽぽんさんの『なんでニコマスに存在するのか?』とは何なのでしょうか。


なんでニコマスに存在するのか?

これまた自分の存在理由を見つける作業だと思いますので改めて思い起こしてみますとします。

さて、自分はアイマス動画を数本作成していますが、「P」という存在からは離れてるのではないかと思います。それは「生主」という立ち位置からも伺えるのではないのかなと。

自分はアイドルをプロデュースするよりもプロデュースするPも含めて見てみたいのではないかなぁって。

多分力不足なんですね、プロデュースするには。

それを自己認識して尚且つこの界隈の末席に残れるには何をすればいいのか?
その答えの一端が生主と言う選択なんじゃないかと漠然と考えてみたり。

生主、面白いですよ、アイマスの動画を見てしゃべる。自分の中ではこんなに面白い事は久々です。

一時、ニコニコに(多分)飽きた時期がありました。2009年後半から2010年前半の事でした。生放送が始まる前にニコニコを見なくなり、戻ってきたら生放送がさかんに行われてましたね。そこでやっぱりアイマスって楽しいんだな、と再認識したのです。

なんでそれがニコマスに存在し続けたいと思う理由なんでしょうね。

ただ、これをアイマス全体で考えると話はまた全く変わってきます。アイマス全体で見たら自分は間違えなく「P」だと断言したいです。だって、かわいくって頑張ってるアイドル達を見たらもう止まりません。誰が止められるっていうんですか?

家にはどんどん増えていくアイマスのグッズやCD・DVD、さらにはライブで生で見る快感を覚えてしまったら振り返る事が出来る筈がありません。

なので自分存在理由は「輝いてるアイドルをいつまでも見たい」という事なんでしょうね。

えっと…存在価値?それは自分以外の方が決める事だと思ってます。価値は自分じゃ分からないんです。

だからこそこうやってたまに自分の存在理由を確認したくなるんでしょうね。




ニコマスは共同体(コミュニティー)というよりはむしろ社会(ソサエティー)だと思います。その違いは社会では構成員に属性と機能が存在することにあります。ニコマスの構成員とはすなわちニコマス社会において仮想の職業を得た社会人ということもできるでしょう。

それは『見る専』という言葉に集約されているように思います。単なる視聴者ではない。見る専とはニコマス社会における属性の一つであり、視聴者よりさらに能動的な機能を発揮する人々のことを指すのだと考えます。

そういう意味では、ぽぽんさんは『生主』という職業を選択された。今回の投稿はその職業としての『生主』をなぜ選ぶに至ったかという話ではないかと思いました。

後半はニコマスではなくアイマスPとしてのぽぽんさんの存在理由です。

個人的にはぽぽんさんといえば、アイマスライブの『戦士』として尊敬の対象です。ぽぽんさんとかまろーねさんとかmarkさんはマジですごいです。なんというか『照度』が違いますから。そこだけ明るいんですね。その猛烈な『照度』はすなわち彼らの強烈な存在の証拠そのものではないかと思います。

そのような熱いアイマスPであるぽぽんさんの決意表明とまばゆい輝きに私は圧倒され、かすかに目を伏せてしまうのです。

次回はまた若手のPの方に登場いただきましょう。キノPです。




Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。