スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通過儀礼として祭 VRF2011によせて

リアル多忙につき更新が滞っていて申し訳ございません。

VERROCK FESTIVAL '11

さて、間近に迫って参りましたVRF2011。もう個人的には"禿しく申し訳ない"状態なんですが、それに関しては、できれば突っ込んでいただかない方向でお願いしたく思います。運営の皆様、本当に申し訳ございませんでした。はぁ......。

全ての出演者とタイムテーブルも発表されています。タイムテーブル凶悪ですね。どうすればいいんだ.....。

というわけで、VRFというニコマス界でも最大級の『祭』に関連して、『祭』とは何か?についてちょっと考えてみたいと思います。
『祭』とは何かと考えてみれば、それは『時間的・空間的制約』と『同時性』と解釈することが可能でしょう。限られた期間、限られた場所で、参加するもの全員で同時に楽しむ、それが『祭』です。つまり、『祭』とは二度と還らない時間と空間という根源的な制約を楽しむ場なのです。

そして、その制約こそが『祭』に人生の中で特別な意味を与えます。二度と体験できないことを共有するということが、人生にある種の楔を打ち込んでいくのです。

それだけではなく、そもそも『祭』に出かけるということは、次のような時間的構造を持ちます。

1) 家から祭へ出かける
2) 祭を体験する
3) 家に帰る

実はこれこそ、ジョセフ・キャンベルの神話的物語構造、すなわち

1) 家から外界に出て(出立)
2) いろんな経験をして、学びを深め、成長して(通過儀礼: イニシエーション)
3) 家に帰る(帰還)

という構造そのものであるのです。

つまり『祭』を体験するということは、それすなわち『成長の儀式』であり、『学びの場』であると解釈することが可能です。

親と行った子供の頃の思い出、友達と行くようになった思い出、初めて彼女と行った思い出、そして自分の子供達と家族で行った思い出。『祭』の思い出はつねに成長の軌跡と重ねて語られます。それは単なる記憶ではないのです。われわれは『祭』を通じて何かを学び、成長するのです。

昨年のVRF'10はとりわけそういう意味で意義深い存在でした。

9.18ショックの後の荒廃したニコマス界において、VRF'10はある種の転換の起点となりました。絶望と憎悪と不安と困惑が支配したニコマス界は、あの日を境に明らかに変化したのです。

あの日あのとき、われわれはVRF'10という『祭』に参加して、何かを学んで成長して、その結果それはニコマス界の空気を変えたのだと、私は信じています。

何を学んだかということに関して、様々なご意見があろうかとは思いますが、個人的には『諦めた』のだと思います。ネガティブ意味ではく。ポジティブな意味で。

あの頃のわれわれは世界を変えようと必死でした。でも何も変わらなかった。というか、何も変わらないことに絶望していました。でも、あの日われわれは再確認したのです。純粋にニコマスを楽しむとうはどういうことかを。そして、世界を変えることを『諦めた』のです。結局のところ、世界は変えられないことを悟ったのです。



世の中に不満があるなら自分を変えろ!!。それが嫌なら、耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮らせ。
by 草薙素子 from "攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX"



われわれは自分を変えることを選択しました。

結果として、世界は変わりせんでした。われわれが変えようとして戦っていたものは、なにも変わらなかった、変えられなかったのです。竜宮小町をプロデュースすることはできす、Jupiterも消し去ることはできませんでした。

でも、ニコマス界の空気は変わりました。われわれ一人一人が世界をどう認識するか=『認知』を変えて空気を変えたのです。われわれは自分自身を変えることで、結果として世界の空気を変えたのです。

もちろん全ての人が変化したということではありません、一人一人がある種のわだかまりを未だ持っていることは否定はできません。でも総和としてのニコマス界は変わったと思うのです。結局のところ、世界とはわれわれ一人一人の総和に過ぎないのです。

こうしてVRF'10は伝説の存在になりました。

そして、いま。ニコマス界の空気は昨年のそれとは全く異なった物になっています。少なくともあのころの絶望や憎悪や不安や困惑といったものは(少なくとも表面上は)ほとんどないように思います。そうした空気の中で行なわれるVRF'11はVRF'10とは全く異なるものになるでしょう。

でも、きっとわれわれはまたVRF'11という『祭』を通じて何かを学び、成長することができるでしょう。『祭』とはそういう存在なのです。

というわけで、私もVRF'11を楽しみに待とうと思います。出張先でも2ステージ見えるようにポータブル拡張モニタも買いましたしね。^_^

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。